The Man Who Fell From The Wrong Side Of The Sky:最新 5 日分

[最新版] [一覧] [前月] [今月] [翌月]

2018/8/8(Wed)

[写真] Amazon Prime Photo

The Grand Tourの為だけにPrime会員継続してたんだが(買い物はめったに使わない)、加速度的に増える撮影データのバックアップ先としてハードディスクというのもクソ高いお値段のわりに耐障害性クソなので、もうプライバシーとか背に腹変えられないし、そもそもテラバイト単位で同じような風景写真しかねーから *1クラウドストレージ業者にとっては/dev/randomで埋められるのと大して変わらんということで、Amazon Prime Photo使ってみるかーということでお試し中。

…はいいんだけど、iPhone/Androidの言語設定が英語になってると、公式のPrime Photoアプリが.co.jpでなく.comに接続しにいってloginできませんとかPrime会員じゃありませんって蹴られるのアホ過ぎねぇか頭大丈夫か?

他にもこういう無能エンジニアによるウン国際化アプリ増えてて、とあるSNSとかも登録されてる電話番号の国番号・市外局番で表示する広告を決定してるから、言語地域タイムゾーンすべて米国にしていてもジャップ広告ソシャゲ!アニメ!出会い系!を延々と観させられるとかもある、はよ潰れてどうぞ。

某OSの国際化周りの開発をおよそ10年ほどやってもなんも得るものが無く寿司の回転が止まるどころか想像上の産物になるほど喰えないオワコン技術だったけど、その世間の無関心さによって国際化プログラマがみな失業した後また「言語と地域」程度の初歩中の初歩すら理解してないアプリが蔓延するのほんとアレ、諸行無常。

国際化はもうロストテクノロジーであって残るは文字という文明を失い絵文字とクソ画像リプでしかコミュニケーションとれない蛮族だけ、バベルの塔の神の怒りはまだ続きがあったんだという感じやね。


*1:ちなみにどれくらい同じような写真ばかりというと、先日スライドマウントしたリバーサルフィルムの入ったケースを数個だばぁしてしまったので元通りにしようとしたんだけど、元からマウントに番号振ってあるのにそもそもどれがどの日の撮影なのか同じような構図ばかりでさっぱり判らず坊主めくりや神経衰弱より難易度高かった…


2018/7/31(Tue)

[写真] RICOH VF-2壊れた

最近は静止画はRICOH GXR + MOUNT A12で撮ることがほとんどなんだけど、こいつ用の外付電子ビューファインダーVF-2が壊れた、マジで呪いの藁人形に釘打つの止めろクソが。

症状としてはチルト機能で使ってウエストレベルで撮影しようとするとファインダー内の映像がブラックアウトしたり色がおかしくなったりする、海外フォーラムでも何人か同じ現象を見かける。 こりゃ角度によってフレキシブルケーブルの接触悪くなってるんだろうなぁと思って中開けてみたらとんでもないクソな設計で草も生えない。

フレキの角度を90度変えるために何重にもベタ折りした上にたわみ防止が申し訳程度の両面テープのみ、角度の変化によってケーブルのたわみによる曲げ圧力がこの折り目に常にかかるわけで、そりゃあっという間に断線しますわ割り箸折るようなもんだ。 人類は疲労破壊はジャンボ機すら墜落させるって学習しているはずなんだがな、これ設計したアホの座ってる椅子の背もたれが代わりに折れればいいのに、さすがにガスシリンダーの破断はかんべんしてやる。

80年代頃からカメラにフレキが使われるのは当たり前ではあるんだが、さすがにストレスポイント考えないで短期間で断線するような設計は本来ならリコールして然るべきレベルだよなこれ。

新しいの買うといってももはやディスコンで同じ爆弾抱えてるであろう中古もプレミア価格なのでなぁ、フレキの断線箇所特定してジャンパ飛ばす工作とかやりたくねぇというかあんな人外な作業出きるかってーの。


2018/7/28(Sat)

[Mobile Phone] The Return Of The Living Dead Nexus 5

そもそも タイレル・コーポレーションが開発したグーグルが販売した レプリカントAndroid の ネクサス6型Nexus 5 の寿命は 4年およそ3年で、もう6年目に突入してるこの端末はいつ突然死してオリオン座の近くで燃える宇宙船やタンホイザー・ゲートの闇に輝くオーロラの記憶も失われてもしゃーないんだが、監督をリドリー・スコットからダン・オバノンに交代させて、死んだ後からでも復活もらう絶対にだ。

というかスマホってレプリカントというより映画では削られた原作の「共感ボックス」要素だよな、ウィルバー・マーサ(アルファツイッタラー)に石を投げる(クソリプやRTそしてfav)する怪しい宗教(ソーシャル)、そしてパクリ画像満載の動物画像botをフォローして偽りの癒しを得るのは電気羊を飼う行為なのだ。

そもそもタクトスイッチを交換せんでもアルコール洗浄して接点から汚れ落とすだけで復活した疑惑もあるけど、もう破壊してしまったものは仕方ないね…

注文した部品が届くまでの間も働いていただくため一旦組みなおした、裏蓋外したまま保護ケース入れてスケルトン仕様も114514周くらい回って新しい。

ジョブスが墓の下から蘇って控えめに言って無能クックを追い出しスケルトンなiPhoneを作ったらこんな感じなんですかね、新しい伝記映画の監督もやっぱりダン・オバノンになるな…

電源ボタン無いと

で困るんだけど、ストアを検索すればいくらでもshutdown/rebootをアプリからするのが転がってるのでまぁなんとかなる、ただしどいつも端末がroot化されている必要があってやっぱりこんなんでも中身はUnixなんだなぁと久しぶりに思い出した。

どこの馬の骨かもわからん香具師の作ったアプリにroot許可するのもアレやけど、そもそもすでにどこの馬の骨どころか 炎上騒動起こすようなアホの作ったOS使ってるのでまぁええです。

ただLineageOS Updateでパッチ適用するとroot化が無効になるので、再度root化するためRecovery modeでTWRPを起動する必要があるのに、その時点でroot化無効なのでアプリからのシャットダウンが効かないのでその時は基盤ショートせんとならん、めんどくせーけどまぁ次のアップデート来るまでに部品とどくやろ(慢心)

スクリーンの消灯/点灯は怪しいAndroidの設定で

が可能なのでそれで回避。

あとは半田コテで表面実装つけるほど手先が器用ではないので、どうにかしてリワークのための機材を入手せんとならんのだけど、なんとか安く収まらんものかなぁ…ヒートガン買うだけで新しいスマホ買えちゃうからなぁ。


2018/7/26(Thu)

[Mobile Phone] Nexus 5 検死報告

昨日の続き、ヒートガン持ってないので半田ごてで電源ボタンを除去つーか破壊したらブートループは止まったので、原因は案の定電源ボタンの故障だったわけやね。

電源ボタンの乗っかってた基板パターンをショートさせたら正常起動した、日付が10ヶ月ほど巻き戻ってる理由はよくわからんけど、まぁデータ回収目的なら十分かな。

こっから修理を目指すのであれば、交換する電源スイッチと同等の部品自体はeBayあたりで数百円で入手できるんだが、表面実装部品を半田ごてで手付けできるほどのスキル持ち合わせてないのでなぁ、ヒートガンとくりいむハンダ買うだけで結構な出費で亜美飛んじゃう!


2018/7/25(Wed)

[Mobile Phone] Nexus 5 ついに死亡確認

ワイも暑さでほぼ死にかけましたが先にスマホが熱中症で死んだ、南無阿弥陀仏。

Nexus 5まだ使ってんのか言われましても、5Xみたいな発熱で表面実装部品剥離してブートループ病になるような欠陥品は余裕で見送りだし、後継のPixelはクソ高いしおま国でジャアアアアアアップには売らねーよとの事だしな、買う理由が無いそもそもAndroidはもうええわ。

まーここ最近予兆はあって

という状態だったのよな、買って4〜5年だし2年縛り切れる直前にバッテリ交換サポート使って交換しただけで後はノーメンテの老人だから危険度は高いわな。

とりあえずバッテリー交換で復活するかワンチャンワンワン逃すため互換バッテリーを買ってみたけどダメ、無駄金や三途の川の渡し賃也。

もうちょい調べるとNexus 5のブートループ病は5Xとは違って電源ボタンの劣化による押しっぱなし状態が主なようで、スイッチ交換すればよさげ。

とはいえただでさえ半田付け苦手でまして表面実装部品なんてなのでどうするかなぁ、ヒートガンでちょいちょいで修理する動画みてるだけなら簡単そうなんだがワイは騙されないぞ。


[ホームへ] [ページトップへ]