I know I believe in nothing but it is my sweet nothing.:2008年08月分

2008/08/01(Fri)

今日

F-4EJ改をさらに改造するとこんな内閣になりそうだne!

2008/08/02(Sat)

今日

レギュラー186円ワロタ、マッドマックス2の世界も近いな。

トゥーカッター繋がりで、ちょっと遠くの某ホームセンターへ。
you can't always get what you want, まいったな。

通りがかった文房具売場。
夏休みの子供の自由研究例に、香箱組んで眠るネコの貯金箱(紙粘土製)があった。
ねずみの夢を見ながらの幸せそうな寝顔にホロリときた。

26ドル握り締めLexington Avenue線で125th Street駅へ
僕はネコを待っている、 kitten huffingは禁断症状つらいぞ。

どうでもいいけど I'm waiting for the man by The Velvet Underground
の歌詞カードってヒアリングが間違ってて

Up to Lexington, one to five (レキシントンでね、1時から5時まで)

になってるのだけど

Up to Lexington, one-two-five (Lexington Avenue線で125th Street駅)

が正解だよな、これLexingtone Avenueと125th Streetの位置関係が
銀座(線の)渋谷(駅)よろしく場所が離れてるので地図見ても気付き辛いのだが。
しかーし場所が治安のわりと良いビル街の Lexington Avenueではなく
125th Street stationつまり Harlemのど真ん中(しかも公民権運動で最凶に荒れてる時期) では
26ドル握って道端で立ってるヤバさが全く違うからな。

そもそもタイトルからして

i'm waiting for the man (俺のオトコを待っているんだ)

男娼の意味になってたりでもうアボガド、正しくは

i'm waiting for the man (俺は売人を待ってるんだ)

どうしてこんな誤訳が生まれるかちゅーと続く歌詞の

hey white boy, you chase no women around

の部分を

女性の尻はおっかけない -> 男性の尻をおっかける

ちゅートンデモな解釈をした結果な気がするのだけど、これは場所がHarlemで

白人が黒人女性のお尻おっかけたら命が無い場所

ということが判ってればそんな解釈にはならんわけで。
やっぱ翻訳って難しいとしみじみ。

このアルバムのジャケットはAndy Warhol作で有名で、バナナ柄のシールの横に

< PEEL SLOWLY AND SEE

と書かれてるのだけども、これが

< ゆっくりはがしてみてね!!!

に変換される2ch脳っぷりに自分でもほとほと困ってるのだが
実はAndy Warholの意図するところとそんなに違わないような気がしないでもない。

Sunday Morningの歌詞はまんま月曜日AAだよなぁ。

2008/08/03(Sun)

今日

ニャロメのおもしろ数学教室宇宙論をもう一度読んで人生やり直したい文系の俺。

コンピュータ探検の方は

コンピュータ = ゲーム = 悪

というアレな家族なので買ってもらえんかったな。
家庭用ゲーム機とかマイコンの類は一切禁止だたもんで。

パソコンはなー就職してExcel覚えんとならんから渋々買っただけで
買うまでまるで興味なかたのだけど、営業報告用Excelマクロ組み出した
あたりでなんか変なスイッチ入っちまったな。
元々電子楽器とかいじるの好きだったんで、プログラムも似た感覚だったかも。

NEW MC W.ROKKOR-HH 1:1.8 f=35mm競り負けた orz
でもMD W.ROKKOR 1:1.8 f=35mmはゲとできたので我慢するか。
このレンズは同一スペックでもMC -> MD化でかなり設計変更されてるので
どっちがいいのか使い比べてみたいので両方げとしたかった。
まぁ前者は開放無限遠の描写がダメダメという話らしいけど。

2008/08/04(Mon)

[C言語] zero-length array

zero-length arrayはgccの拡張で、ISO Cでは禁止されてますね(C99の[]表記は除く)。
JIS X3010 6.4.5 に

配列(array type)は, 要素型(element type)と呼ぶ特定のメンバオブジェクト型をもつ空でないオ
ブジェクトの集合を連続して割り付けたものを表す。

と「空でない」の一文があるかと。
# まぁ「空でない」がどこにかかるか非常に判りづらい文章ですが。
こっちだとそのものずばり

In general, the declaration of zero-length arrays is invalid under the principle of not providing
for zero-length objects.

とありますな。

gccに正しくオプションを与えてやると

$ cat > test.c
#include <stdlib.h>

struct x {
	int x;
	char y[0];
};
int
main(void)
{
	struct x *px = malloc(sizeof(*px) + 1024);
}
^D
$ gcc -pedantic -std=c99 -Werror -o test test.c
cc1: warnings being treated as errors
test.c:5: warning: ISO C forbids zero-size array 'y'

とエラーメッセージを出します。
# ちょうど今pcc-listで その話してるとこだったり。

可変長配列もzero-lengthは禁止されてます、6.7.5.2に

大きさが整数定数式以外の式である場合, (中略) 式を評価した値は, 常に 0 より大きくなけ
ればならない。

とあります。

でもrun-time時に0になっちまったら? の動作は未定義ですやね。

#include <stdio.h>
int
main()
{
	int n = 0;
	int x[n];
	printf("sizeof(%p) = %d\n", &x[0], sizeof(x));
}

gccでは

sizeof(0xbfbfece0) = 0

と表示されることから判るとおり、アプリはkeep goingしちまいます。

話はそれますが、可変長配列ってalloca(3)と同義なのであんまり使って欲しくなかったり。
こことか ここのバグ参照。
よくC99の可変長配列でalloca(3)が不要になったーな既述をよく目にしますが
ありゃ移植性の問題が解決しただけであって、バグは依然として存在するのよね。
興味のある人はgcc -Sで

foo(int n)
{
        char x[n];
}
main(void)
{
        foo(1024);
}

foo(int n)
{
        char *x = __builtin_alloca(n);
}
main(void)
{
        foo(1024);
}

をそれぞれgas(1) assembler形式に落として比較してみませう。

[C言語] JIS X3010

JISの有料版pdfはお金払っても検索できなくて血の涙を流したという
悲惨な体験談をどっかで読んだ記憶がありますね。

あれpdfの再配布は禁止だけど、JISそのものは 著作権がないので
手で書き写せば好きにWEBで公開しようが再配布しようがOKという
前例があるので、誰かやってくんないかな。
そして僕はC世界の神となる! JISノー(こっちは著作権ry

う、JISの 著作権はグレーらしい。

2008/08/05(Tue)

今日

夏祭りポスター「そっくり」
後のバスターフレンドリーである ホー、ホー。

スコール噴いた。
プログラムは2時間0億円で作れてもシステム作りは? というごく当たり前のお話。

imaxabs(3)入ったのか。
なら放置してた standards/33126は〆とくか。
このPRで投げた私のpatchは abs/div familyはtemplate header化してんのだけど
これ嫌がる人がいそうな気がするのでcommitしなかったのだよな。
ほんとは{str,wcs}to{f,d,ld}なんかもやっちまいたいんだが。

ついでにqabs(3)もweak alias化しちまえと思うけどどうでもいいか。

そいやてんで {str,wcs}to{f,d,ld} の0xバグを思い出したのだが
この時最新のgdtoaをlibcにmergeしてみたのだけど(結構NetBSDでいじってんのね…)
テストが通らんのでそれ調べる気力が無いのでストッピ中。

昨日書いたzero-length arrayの他にも
src/lib/libc/citrus/modules/citrus_utf8.c

100 typedef struct {
101 } _UTF8EncodingInfo;

のよなメンバのない空の構造体もISO Cでは禁止なので、そのうちお掃除しないといけんね。

4.99.72にして mount -o softdep にさようなら & mount -o log こんにちわ。
しかしpthread_mutex_destroy()壊れてる模様でperlがAbortすんな。

2008/08/06(Wed)

[NetBSD] vi vs nvi

multibyte aware regexとwchar_t regexが混乱してるようなので
なんか投げようとおもったらchristos氏が先に突っ込んでるな。

それにreplyする形でメールかきかき中。

wchar_t regexなんてものはどこの規格にも存在しないものなのでlibc移すのは嫌なんだが
multibyte aware regexの実装に内部的にwchar_t regexちゅー考えもありなんだっけ?遅そうだけど。
塩崎さんが以前 そんなこと考えてた?っけか、そういや。

しかしwchar_t regexをバックエンドにすっと、こいつは正規表現自体wchar_tになるので
正規表現でescape sequenceを引っ掛けたいとか不可能になる気がするのだが
これってPOSIX regex的にはOKなのだろかな、よくわからん。

このへん安易にwregexをregexのバックエンドにしよう論が出てきたときに備えて
(やっぱり速度のことを考えてencoding module化したい)理論武装しとかんとならんな。

そいや鬼車ってstateful encodingサポートってどうなんだっけ。
Ruby M17Nがstateful encodingは扱わないとかいってた記憶があるから対応してなさそうだな。

今日

iPhoneで人生観変わった。
俺もiPhone買ってペットボトルに入れた水に貼っておくか。

ウィキペ、GB18030はUnicode Transformation Formatとみなせるという記述ワロタ。
昔xfree86-i18nでISO 10646はISO 2022のsuperset論を展開してた某氏とか懐かしい。

PerlがAbortする件、sodaさんからnotice頂いたのですが ぎゃー!ぎゃー!!

perl: Error detected by libpthread: Invalid mutex.
Delected by file "/usr/src/lib/libpthread/pthread_mutex.c", line 141, function "pthread_mutex_destroy".
See pthread(3) for information.
[1] Abort trap (core dumped) /usr/pkg/bin/per...

まぁ-current生活のリスクっちゅーことで、OpenBSD ports だと思えば…orz

2008/08/08(Fri)

[NetBSD] multibyte regex

おー、 なるせさん解説ありがとうございます。

鬼車も wide character 方式なので。

ふむ、内部OnigCodePoint(=wchar_t)でonigenc_*_mbc_to_code(=mbrtowc)ちゅうことですか。
だとすると(性能を別にすれば)wchar_tなregex(3)が内部で動くのと結果同じと考えてよさそうですね。

tech-userlevel、ahoka氏に鬼車ネタふられてもた(そいやまだfoldのレビュー結果返してないわ)。

NetBSDのlibc regex(3)に鬼車ちゅーのはライセンス的にはベスト(2-clause BSDL)なんだが
LC_CTYPE/LC_COLLATEの関数を使わず、自前でCES/CCS周りを実装してるので
既にCitrusちゅうよく似たものを持ってる身としては、扱いに困っちゃうのよな。

POSIX locale あるいは不足であればCitrus APIなりを使うように(拡張も必要かな)
書き直せばいい鴨だが、そうすっとRubyみたいにforkになってしまうしねぇ。

まぁ塩崎さんが ほのめかしてるようにCitrus側のCES/CCS回りを捨てちまうwww手もあるけど
libcのサイズ問題もあるしloadable module化とかは最低限やらんとならんしね。
ちゅーことで結局forkになる希ガス。

現状ISO-2022が扱えるregex(3)つーとnvi-m17nのitojunさんhack版だけかな。

それと我々 旧世代はそろそろ日本CSI主義者同盟の ヘルメット作るべき。

ブントオブブラザース、ちゃらららーららー。

そういや Band Of Brothers二匹目のドジョウ続編ともいうべき The Pacific
当初予定にあった「Hiroshima」は結局削られてしまったのね。
White Light Black RainのHBO製作だしやると思ってたんだけど。

脱線し杉。

昨日

現場の飲み会、120分時間制限食べ放題(ラストオーダー30分前)なのだが
注文してから料理が届くまで30分かかるので、90/120はテーブルの上に
何もないという状態でかなり不穏な空気が流れてワロタ、しかもマズイwww
"There's a Riot Goin' On" by Sly & the Family Stone.
毎回こんなハズレ店選べる幹事氏の才能に嫉妬。

例のpthread問題の解消に、出勤前にpkg_rolling-replace(8)仕掛けておいたら
帰ってきたら理由はわからんけど刺さってた。
ちゅーことで電源ブチ切りして早速WAPBLのお世話に。

冷蔵庫も故障してた orz ( トースターとは違ってNetBSDは入ってないので↑とは関係ない)。
こっちもjournalingならいいのにな、fsckしてダメになった食材処分。

街角でスナップ写真を撮るのすら こんな本で議論されているよに様々な問題を孕んでいるのだけども
さすがネット君臨Google!おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこに(以下略

2008/08/09(Sat)

今日

スイカうまうま。

スラドJより 曲面上に感光素子を配置するカメラデバイス
一方フィルム使いは 大判カメラの蛇腹を曲げた

広角側の歪みについては、昔から ビオゴンなんかの対称型レンズ(レンズ構成が前後で同じ) *1
シフトやチルト撮影可能なアオリレンズ *2ちゅう別解あるのだよな。

まぁ大口径化しなくても周辺減光に有利ちゅーのはあるか。
でもスナップ用途じゃ周辺減光も味のうち *3だしなぁ。

それに画角が変化すれば撮影素子側の曲面の最適値も変わるわけで
交換レンズとかズームレンズには不向き、つまり固定焦点向け。

あんど撮影素子の面積が小さくなればなるほど 披写界深度の関係で
ボケ(bokeh)に不利 *4なのよね。
フォーサーズが(特に日本で)disられとる理由もそれ。

ちゅーわけで特殊用途向けでんな、監視カメラとか。

しかし4x5の大判で撮影した山岳写真とか建築写真の域に
デジが到達する前にフィルムが無くなりそうな勢いで泣ける。

*1:ミラーアップ必要だったりで今のデジイチには厳しいけど。
*2:これ使ってミニチュアに見える風景写真とか最近流行ってますな。
*3:嫌う人は徹底して嫌うけど。
*4:まぁコンデジの影響で、 パンフォーカスの不自然な絵が好きな人も増えてるけどね。

2008/08/10(Sun)

[NetBSD] multibyte regex その2

なるせさんとこより鬼車ネタ続き。

どうみても unsigned char 単位です、本当に(ry

なるほど。

粛々とマッチとは言っても、実際のところここをいったいどうするかが
問題で、無駄なエスケープシーケンスをどうするかや、同じ文字でも
バイト列が異なる表現になりうる場合とかを考え出すと、いくらか工夫が
必要なんだろうなぁ。

これかなりめんどくさそうなんですよね、そもそも何が正しい動作なのか?とか。
nvi-m17nのISO 2022 aware regexを調査すればヒントがあるかも。
ただ現状いろいろ制限設けてた記憶がありますが。
[A-Z]の場合、AとZは同じescape escapeでなければダメとか。

しかし、Citrus って内部は 32bit wide character だった気もするので
逆に複雑化するんだろうか。

まぁCitrusに新しいAPIを追加すんのは誰も反対しないと思われるので
regencまわりを完全に置き換えるのに十分な機能を用意するのはOKですんで
そっちの作業は私がやるにしても正規表現エンジンの方を
誰かメンテできんの?ってのが問題だったり(以下求人広告ry

どっちみちNetBSD的にはmultibyte regexより先に
LC_COLLATEを実装しないとあかんのよな。
まぁそうすっとmklocale(1)ですらかっちょわるいのに
その上colldef(1)とかイヤンなのでlocaledef(1)を、ちゅう話なんだな。

tech-userlevelにsodaさんからちょっとおもしろい 調査結果きてますな。

それと明日こそahoka氏に返事書く。

今日

ゆでたてトウモロコシうまうま。

糖度15の高い桃買ったがあんま甘くなくてショボーン。

マイクロフォーサーズだと。
こんだけ フランジバック短くするとマウント変換アダプタ作りやすいので
ありとあらゆるレンズで遊べそうな奇ガス。
まぁイメージセンサが所詮4x3なんでフルサイズ比で画角2倍だから
何でも望遠になっちまうし、そもそもマニュアルフォーカス + 絞り込み測光
めんどくさいし実用性ゼロなのは承知の上で。
まぁOLYMPUS-PEN Fとか小型化大好きな会社だしな。

ここでSONYがMicro APS-CとかいってMinolta Vマウント復活とかあるあ...ねーよ。

2008/08/11(Mon)

今日

花屋。

京都で W. Eugene Smith展やってるのか、行きたいけどおゼゼがなぁ。

前も書いたけどFreeBSDのregex(3)はcommit logだけ読むと
multibyte対応してるんだが、どこまでちゃんと動く実装なのかよく判らん。
strcmp(_CurrentRuneLocale->__encoding, "UTF-8")ぁゃιぃ、つかnl_langinfo(以下略
これNetBSDだとLC_COLLATE回りでcompileできんので、そのうちDragonFlyBSDで動かしてみるか。

2008/08/12(Tue)

今日

なるせさんとこより。

regenc を Citrus ベースで置き換えるのは興味があったりも。
stateful encoding あたりまではさすがに腰が引けますが。

すばらしい。

でも J( 'ー`)し ごめんね Citrus 単体で配布できるようにしてないの ごめんね *1

ということでやぱしsrc/external/bsd/citrusとかに移して
単体でcheckoutできるようにしといた方がCitrusに興味持ってもらえそうなの鴨ね。

でも J( 'ー`)し カーチャン BSD make ジャンキーで GNU Autotool 使えないの ごめんね *2

きむらさんとこ、 ネコを撮る / 岩合 光昭 とかお読みになるといいかと。

ahoka氏宛のレビュー書いた、あとで送る。

*1:まぁそれより世の常としてcommit権を無理矢理(以下略
*2:かつては Java 屋だったのに Ant も Maven も使えないの、会社のみんな ごめんね

[NetBSD] wcwidth(3)

ひーahoka氏と話が噛み合わなくのでなんでだろーと思ってたら
いまさら気付いたのだがNetBSDのwcwidth(3)バグッとるwww
SUSv3読むとisprint(3)にマッチしない文字はL'\0'の場合は0、それ以外は-1を返せとあるんだが
がっつり常に0返しよるwww

これどしよ、ほんとうならmklocale(1)いじってLC_CTYPE dbに-1入れときたいんだが
これ_RuneTypeの下位bit使ってるんで無理なんだよなぁ。

Index: locale/iswctype.c
===================================================================
RCS file: /cvsroot/src/lib/libc/locale/iswctype.c,v
retrieving revision 1.15
diff -u -r1.15 iswctype.c
--- locale/iswctype.c	9 Feb 2005 21:35:46 -0000	1.15
+++ locale/iswctype.c	12 Aug 2008 18:48:58 -0000
@@ -212,7 +212,14 @@
 wcwidth(c)
 	wchar_t c;
 {
-        return (((unsigned)__runetype_w(c) & _CTYPE_SWM) >> _CTYPE_SWS);
+	_RuneType x;
+
+	if (c == L'\0')
+		return (0);
+	x = __runetype_w(c);
+	if (x & _CTYPE_R)
+		return ((int)((x & _CTYPE_SWM) >> _CTYPE_SWS));
+	return (-1);
 }
 
 #undef wctrans
Index: string/wcswidth.c
===================================================================
RCS file: /cvsroot/src/lib/libc/string/wcswidth.c,v
retrieving revision 1.3
diff -u -r1.3 wcswidth.c
--- string/wcswidth.c	9 Feb 2005 21:35:47 -0000	1.3
+++ string/wcswidth.c	12 Aug 2008 18:49:03 -0000
@@ -42,13 +42,15 @@
 	const wchar_t *s;
 	size_t n;
 {
-	int w;
+	int w, x;
 
 	_DIAGASSERT(s != NULL);
 
 	w = 0;
 	while (n && *s) {
-		w += wcwidth(*s);
+		x = wcwidth(*s);
+		if (x > 0)
+			w += x;
 		s++;
 		n--;
 	}

これで逃げるしかねーな。

2008/08/13(Wed)

[NetBSD] 続 wcwidth(3)

ちゅうわけでcommitしますた、この方法だと性能落ちるからやなんだけど。
ってもwcwidthの情報って_RuneTypeの下位2bitだけなのでもう一杯一杯だしな。
もっといい直し方思いつく方はおしえてちょ。

しかしlocaledef(1)では非printableな文字には
WIDTHをセットできないように制限する必要があるのだな、覚えておこう。

[VMware] xvmware

xvmwareが時々コピペうんともすんともになる問題を修正したお。

ちょとミスしてたのでうpしなおした。
MD5 (xvmware.tar.bz2) = ed2ef5d83d83814031e47e98e057169b

TODO: host <-> guest RPCの資料探す。

2008/08/14(Thu)

[C言語] STC1/SC22/WG14 ヲチ

News 2008-08-13: Pre Santa Clara 2008 mailing availableを流し読み。

必死だな、ちゅうかu8接頭語とかもうアボガドバナナと。

予想通りの反応過ぎて面白くない。
魔王C++0x信長は討たねばならぬ、明智C1X光秀の
息づかいを感じていればしゃくし定規な話とかマダー?

マクロでや(ry んまぁどうでもいい。

さらにどうでもいいけどウィキペ、 これ読んで

  (  ) エラーを・・・・・・
  (  ) int *ptr = malloc(sizeof(int) * 10);
  | |


 ヽ('A`)ノ チェックしない表明!
  (  )  assert(ptr != NULL);
  ノω|


 __[警]
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ )
   | |  | |

というAA思い出した、警察は -DDEBUG でも theo でも failmalloc でもお好きなのどぞ。

そろそろcpp(1)を最強のテンプレートエンジンにする為
C++0xならぬCPP0Xの仕様を策定すべ…勘弁してください。

現状でもgccのattribute alignedとかposix_memalign(3)あるしな。

LSB由来なんでガチでC1Xにはいるだろから、ぼちぼち 実装書いてるのだが続きやらんとな。
open_wmemstreamは現状NetBSDではstruct __sFILEに手を加えないと実装無理げ。
それ以前にfseek(3)なんかの(wchar_t単位でない)低レベルな操作を
した場合の挙動がはっきりしないのが 困るのよな。

今日

某家電量販店ぶらぶら。

SONY α200が本体42,000ちょいで

で実質31,000くらいか、これにプラスでα300/350でやってる
SONYキャッシュバック10,000あれば買わんこともないが、流石に原価割れるかな。

α300/350の方がチルト可能な液晶ライブビューでウエストレベルできるから
ネコ撮りなんかに有利なんだけど、本体6~70,000くらいだと手が出ないやね。

いちお買い替えキャンペーンの生贄には Ricoh DC-4なんつー候補があるんだが
こんな超古いデジでもマイナス7,000なるのだろーか。
DC-4はCCDが回転式なので、ウエストレベルで使えて便利だと思って買ったんだが
反応速度が致命的に遅くてまたーく使いもんにならんかった。

[NetBSD] libcurses

src/lib/libcursesの下をwcwidthをグレプるとif (wcwidth(wc) != 0)なんてのが
わっさりヒットするわけですが、これ先日の Citrusのバグに依存したコード
がどうかの影響調査せんとな、もしそうでなしにちゃんと仕様通りの意図で

wcwidth(wc) != 0

と書いたのなら、このコードは

wc != L'\0'

に書き換えられて性能もアップするかもしれない。

ちゅうかそもそもprintableだけどwcwidthが0な文字ってのは許可されないでいいんだよな?
もしこれが許可されたりするとワケワカメなんだが。

2008/08/15(Fri)

今日

肖像が「シンプソンズ」のユーロ硬貨、それなんて ソシュール

貨幣を作る材料がその価値を決定すると考えたら大変な誤りをおかすことになろう。
(中略) 別の肖像が刻まれていれば、一銭の価値ももたないだろう。
国境のこちらか向こうかで、価値はそれぞれに異なる。

from「ソシュールを読む」丸山圭三郎

なんとびっくり価値が20倍になった!

ちなみにこの引用文中で、ソシュールが貨幣に擬してるのは シニフィカシオン

デリダエクリチュール論と「blog炎上」「小女子焼/人投し」で衒学趣味なヨタ記事書けそうだな。

アンサイクロペディアの 脱構築の方が ウィキペより判りやすくてワロタ。

うーんMC ROKKOR-PG 1:1.2 f=58mmをαマウントに 脱構築改造とか流行ってんのか。
つかこれ連動ピン切ったりで破壊的で元に戻せないのな。
旧マウントを現役で使う身としては、また貴重な(ry ちゅう感じでカナスイ。
まぁMC/MD -> α変換アダプタって補正レンズ入りだから使いたくないのは判るけど。

2008/08/16(Sat)

昨日

現場のビルそばで多摩川花火大会見物。

実家が某遊園地の近くなので、夏の土日は自宅ベランダから花火が見えるのが
あたりまえちゅう子供時代を過ごしたせいで、昔はわざわざ花火を遠出してまで
見るという行為が理解できなかったもんだw

サンマうまうま、旧盆で向こう岸から帰省中のねことはんぶんこ。

ミノルタカメラのすべて
TC-1とCL/CLEにネタ偏り過ぎだな、まぁ高級コンパクト流行った時期だからな。
それにPERFECT LENS GUIDEは結構ヌケが多い。
minolta.rokkor.deのコレクションも参考にしたほうがよさげ。

[文字コード] 新しいUnicode制御文字

Unicode制御文字ちゅーと、拡張子偽造でお馴染みのRLO、つまり
U+202E RIGHT TO LEFT OVERRIDEなんかが有名だけれども
どうやらUPSIDE DOWN OVERRIDEとINSIDE OUT OVERRIDEとかも追加されたらすい。

UPSIDE DOWN OVERRIDEの例

   *      *
  *  ウソです  +
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

ちなみにlink先は この記事に登場するアイルランドの文字デザイナー氏のblog。

2chのAA板探せば上下逆さ文字なら、ひらがなカタカナくらいは
すでに全部調べ上げてそうな気がするけど探すのマンドクサ。

BGMは FROM LEFT TO RIGHT / Bill Evans でお届けしました。

実際にモンゴル語を縦書きする場合 上下逆にする必要がある
らしいが私はまったくそのへん知識がないのでパス。

2008/08/17(Sun)

[NetBSD] WAPBL

先日書いた通り、 / を mount -t ffs -o log してるのだけども
build.sh install=/ しようと single user mode で起動した時
つい read-only mount の / に対して、必要無いのに fsck -y / とか
うっちまったのだけど、fsck 終了後 read-write mount しよかと mount / したら
なんとまぁ kernel panic でぽなくなり、ガーン。

ってんでどーせ jornaling log を消せば整合性とれるだんべーと
tunefs -l 0 して再起動かけたら、今度はffsと認識してくれなくなった。
ひーここ2、3ヶ月バックアップとってねー。

/home はむしゃくしゃしてたので作ってなかった、今は反省している。

もうだめぽ。

問題の発生したTP240は放置。
とりあえずキーボードの調子の悪かったTPs30を修理して復活させた。
というかまだTPX61セットアップしてねぇや。

やっぱs30速いね、かいてきだー。

2008/08/18(Mon)

今日

Unicode制御文字、RIGHT TO LEFT OVERRIDE + UPSIDE DOWN OVERRIDE の使用例 その2

エクストリームマンションデベロップメントも白熱した後半戦だne!

だめだなんもやる気しねぇ、トバしたのは痛かった…

2008/08/19(Tue)

きのう

うーむ
まぁsrc/sysの下をalloca()で検索するとちょこちょこヒットするし、どでもいい。

某スレより 火星tech-securityのタイムスリップ。

One can try porting the BSD Auth code from OpenBSD. I have not yet tried that myself. 

ということなら itojunさんのとこにありますがな。

つかそもそも このスレッドはこのpatchのcommit是非からはじまってるので
ここでついにメビウスの輪が完成というわけですな。
んでこの回転が徐々に高速になり全てはバターに還る、ホットケーキうまうま。

そもそもOpenBSDってstaticaly linked /(root)死守の為に
dlfcn(3)は

                  ∩
                  ( ⌒)      ∩_ _ お断りします
                 /,. ノ      i .,,E)
             / /"      / /"
  _nお断りします / / ハ,,ハ  ,/ ノ'
 ( l     ハ,,ハ  / / ゜ω゜ )/ /ハ,,ハ    お断りします
  \ \ ( ゜ω゜ )(       / ( ゜ω゜ )     n
   ヽ___ ̄ ̄ ノ ヽ      |  ̄     \    ( E)
     /    /   \    ヽ フ    / ヽ ヽ_//

だからBSD Authという面が強くて、あとの議論は枝葉な希ガス。

まぁあんま興味ないのでどでもいいのだけど、dlfcn(3)については
Citrusも他人事ではなくて、やぱしOpenBSDへのmergeを目指すにはこれ使わんように

する必要があるのかもしれん、だが

,   ,:‘.          。             +   ,..
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘
      . .; : ’                           ' ,:‘.
           あ あ             ,:‘.      +
.. ' ,:‘.                             . ...:: ’‘
’‘     .;    こ ん な に お 断 り し た い
                                       。
.     。   気 持 ち に な っ た の は   ,:‘. 。
 '+。
                初 め て で す          .. ' ,:‘.
:: . ..                            .. ' ,:‘.
      ハ,,ハ
     ( ゜ω゜ )

あーでもiconv(1)とかiconv(3)ならありかもね、例えばバックエンドがnkfやqkcというのも
それはそれでreasonableな気が巣 *1

花屋休みだった。

ちょwww SONY α200 どこまで下がるんだw

A店 本体 40,300 下取マイナス 7,000 ポイント 10%
B店 本体 40,600 下取マイナス 7,000 ポイント 13%

ちゅう感じで先週より2,000近く↓、実質3万切ってるなぁ。
下取はメーカーとシリアルが確認できれば何でもおkとのこと。

まぁデジ初心者には今のSONYは正直レンズラインナップがザルなのと
(しかもミノ時代の中古レンズは相場暴騰 & 部品払底で修理不可が多い)
キットレンズが微妙なのであんまお勧めできん状態なのだけど *2
ここまで下がるならコンデジ代わりに買っちまおうかって金額だぬ。

*1:また その逆もしかり。
*2:ツァイスとかGレンズをばーんと買えるお金持ちなら別だが、そんな人がα200買うとは思えん。

きょう

結局α200買ってしもた。
B店がポイント18%になっとったので、A店でゴネて同じポイント18%
にしてもらったので、実質2万7千円ちょいだった。

外装のプラが安っぽいけど、ミノα303siとかの頃はマウントがプラだったし
まぁこの値段なら充分杉、というか絶対赤字覚悟の撒餌でんな。

2008/08/20(Wed)

[NetBSD] tech-userlevel

strtol(3)のbaseの範囲チェックはSUSv3から厳しくなったかとオモタ。
これまでは未定義動作だったのが厳しくなるのは互換性で若干問題あるけど。
新しい仕様にのっとって書いたコードが古いlibcで期待どおりに動かない可能性がある。

ついでにstrtol(3)がLC_CTYPE(isalphaなど)使ってるのも変だから
(isalphaはcyrillic alphabetにもmatchする)直そうぜと
Romancin'気分でCha-chaいれよかと思ったのだが、今 仕様を読んだら

In other than the C or POSIX locales, other implementation-defined subject sequences may be accepted.

とあるのでisalpha(3)使っても間違いじゃないちゅうことだ、だっふん。

つかlocaleによって好きにしていいのならisalpha(3)どころか

	long l;

	setlocale(LC_ALL, "ja_JP.eucJP");
	l = strtol("1F2E3D4C5B6A70", NULL, 16);

もいいのかちゅう話になるのだけども、これどーなんだろね。
errnoにEMOHTAをセットして返す案(以下略

↑もおkとすれば、mbrtowc(3)でparseしてisw*でチェキれとなるのだが
これやったら遅くなるわで非難Mach Go!Go!だわな、やぱしstrtolもlocale毎に
切り替える仕組みが必要かにゃ。

まぁ誰もこんなの必要としてないちゅうことで、LC_CTYPE使わずに

        switch (wc) {
        case L'0': n = 0; break;
        case L'1': n = 1; break;
        case L'2': n = 2; break;
        ...


とかやっとる今のwcstol(3)のような実装でいいよな気もする。
どうせ実装依存だし、アプリケーションはlocale依存の動作を
一切期待してはならんので、実装するだけ無駄っちゅーことで。

まぁjoerg氏がなんか今やってるから触るなちゅーとるし
ホットケーキ、はちみつうまうま。

今日

ねこ月命日、満月の晩にお別れしたのだけど4ヶ月も経つとお月さん細くなりますな。

花屋で向日葵とバラ。

α200用に買った純正の液晶保護フィルム(そもそも標準添付なしってケチ過ぎ)
があまりにも貼りにくくて一枚ダメにしてもーた、950円もするのに。
しょうがないのでパチッと填めるだけの同保護カバーの方を買ってみたんだが
こいつも材質がどーにもヤワで表面をレンズペーパーで軽く拭いただけで
傷だらけになるので長くはもたなさげ、あとこれ隙間からゴミ入るので
ホコリっぽいとこだと悲惨なことになる予感、ちゅうかなった orz

あ…ありのまま 今 起こった事を(中略)、液晶を保護しようと(中略)
いつの間にか液晶を傷つけてた(以下略

サンマうまうま。

2008/08/21(Thu)

今日

本屋。

石田徹也遺作集の隣に ロン・ミュエクが並んでるのは
石田の 悪夢的世界をミュエクが 立体化しないかなーという願望ですね、わかります。

しかしミュエクをAmazonで検索したらその後
乳児用おむつパンパースが出てくるちゅーのは
なかなか素敵なアルゴリズムの連動広告ですね。

今日買ったもの

長時間露光や撮影時間帯で人の姿を徹底的に排除した100年前のパリの街並。
でもやはり画面の隅に写る犬そして窓から覗く人の顔などが
見るものの興味を引くのはストカービューと一緒やね。
芸術 or のぞき、この問題はとても繊細なのでして、よって
ググルのタカビーな態度は、 スナップ写真趣味の人間からすっと
無駄に事を荒だてることすんなボケ(bokeh)ちゅう感覚の人多いんじゃねかな。

まぁなんつーか 徳山村の増山ばぁちゃんが撮影した
ストリートビューなら誰もが納得するのだろうな。
んー結局撮るものと撮られるものの信頼関係ちゅうか。

そゆの無視して日本人的感覚(笑)権利のインフレ(笑)って
反ストビューをdisるのは、ちょっとピンぼけ(slightly out of focus)な気ガス。

まぁでも権利ちゅうのはThird Degree(by Eddie Boyd)の歌詞のように

got me accused of peeping, i can't see a thing.

つーことにならんように穏健に行使すべきだとは思いますが。

秋の気配を感じていれば鍋にするはず、大根おろしポンズうまうま。

2008/08/22(Fri)

今日

昨日のウジェーヌ・アジェは、ストリート写真の祖であるけども
このストリート写真に、日常のある「 決定的瞬間」を写しこむちゅーエッセンスを加えて
スナップ写真というジャンルの方向性を確立したのが アンリ・カルティエ=ブレッソンでんな。

しかし彼は晩年写真から離れ、絵画に傾倒しその理由を

ひとの写真を撮るのは恐ろしいことでもある。なにかしらの形で相手を侵害することになる。
だから心遣いを欠いては、粗野なものになりかねない。

とインタビューで語ってるのよな(ごめんこれ今手元に資料ないのでウィキペソース)。

ググルのストビューにもこの「決定的瞬間」は写しこまれてるわけですが
果たして彼らは心遣いを欠いてやいまいかコウイカモンゴウイカ。
なんだここは新聞のコラム欄かよ!

アンリ・カルティエ=ブレッソン伝 / 柏倉康夫 のエピローグにあるインタビューは
いろいろと考えさせられるやね、今北産業すると

ちゅうとこか。

この写真好き。

処分しようと思ってRoland S-550を久々に引っ張り出してみたけど
ビデオ出力だとモノクロ画面で編集しづらいです><
今時デジタルRGB(今のDVIとは別)のついたテレビなんてないしな。

デジタルRGBは150Ωの抵抗を噛ますだけでアナログRGBに変換可能らすいので
変換器自作しようかな、でもミニDIN8ピンオスとか角型8pinメスとかまだ売ってんのか。

マニュアル読んだら水平15kHz、これじゃいまどきのディスプレイ相手だと
アップスキャンコンバータ必要かぁ、そこまでお金かけるのもバカバカしいな。

S-750/S-770以降はS端子がついたんだっけ?S-750だけ?まぁあの世代は本体だけでも音色編集できる訳だが。
まぁでも本体内蔵液晶はもういい加減バックライトがシボンヌして逆に苦労しそうだな。
# Roland D-70ももう大分昔にバックライト死亡で処分したなぁ。

ちゅうか処分するつもりなのに変換器自作とかアホか、お前アホか。

AKAI DR4vrとS2000他もオクで処分予定、まぁいくらにもならんだろけど。
ついでにRoland JV-90も処分計画を考えよう。

あとOvationのエレガッドギターがハードケースと共に
殺人的に場所喰ってるので処分しようか悩む、1/8計画マダー?

2008/08/24(Sun)

[NetBSD] pkgsrc/x11/gtk2

ThinkPad s30も4.99.72に入れ換えて例のlibpthread問題の解消に
pkg_rolling-replace -vしかけたんだが、pkgsrc/x11/gtk2のreplace中に
gtk-query-immodule2.0がハングアップすんのよな。

うーむ、どうやらim-scimが悪さをしてる模様、こいつもABI壊れたくさい。
kinput2マンセー(棒読み)なのでどーせ使ってないし消しちまえ、えぃっ。

ちゅうかそもそも 先日のgtk-query-immodule2.0が
非UTF-8ロケールでクラッシュする問題もこいつが原因だった臭い。

ちゅうかそもそも(その2)この patch
うまく動作してないのだからクラッシュしてもおかしくない罠。
うーむ俺が悪かった、敬礼!

2008/08/25(Mon)

今日

そろそろやる気ださんといけん。

本業、個人情報保護法関連どーたら。
[禁則事項です]が個人持ち携帯のアドレス帳どーのまで、この[お察し下さい]めが。

もういっそ記憶屋ジョニィ化してホシス、就業時間中は
ヘブン状態 イデオ=サヴァン状態!!(AA略 でさぁ、づるっちーからむ。
ニューロマンサーの風俗店(名前忘れた)でもおk。

ってか今 クローム襲撃って絶版なのかー、中古も
おーい記憶屋ーまいどー695円になりますー高ぇーバッバッ、スパーン状態。
まだ手元に残ってるかな。

黒丸訳といえばルーディ・ラッカーも全部絶版のようだ、ふわりん。

ROKKORの王様、Minolta MC ROKKOR-PG 1:1.2 f=58mm(後期型)げと。
このレンズ、初期型は軒並み黄変(アトムレンズという噂も)してると聞くのだけど
今回入手した後期型はまったく問題なしですた、それにしても高かった…

一緒にMinolta XD(ライカR4~7のベースモデル)の黒+希少なトカゲ皮もげと。
やぱしX-700より高級感あってもったいなくて使えないオーラでてる、こわい。

[NetBSD] strtol family

joerg氏 なにすんのかとおもたらワシが以前send-prした
wcstol familyと同じよに template header化したのか。
どうせならwcstolも一緒にしちまうかね。

2008/08/26(Tue)

[NetBSD] source-changes

久しぶりにkleink氏を見た。

joerg氏も勘違いしてるようだけど、必要無い場合はweak symbol化する必要は無い。
まぁweak symbol化することのペナルティなんてたいしたもんじゃないので
一律でやっちまったほうがいいような気もするけどね。
つけ忘れの方が被害が多い。

まぁweak symbolも万能じゃないけどね。
本来であれば-stdc=c89でビルドした共有ライブラリと-stdc=c99でビルドした共有ライブラリは
混ぜるな危険なのだけども、現状検知する方法が無いのが困りもの。

Managed Cが待たれますね(棒読み)

[NetBSD] debugging nvi-1.81.6(24bit wchar_t problem) その2

からの続き、これ終わらんとmulti-localeの実装に戻れん。

とりあえず中身を一切吟味せずにCHAR_T/RCHAR_Tを32bit cleanにしてみる patch
regcomp.cのint -> RCHAR_T化がかなーり不十分だったりするので暫定的に
p_simp_re()中でBACKSLのマスクの為にunsigned long longを使って逃げた。
これ[禁則事項です]なのでそのうち全部まとめてcleanupすっけど
とりあえずこれでGB18030の4byteコードが検索できるようになったはず…いや、そんなに甘くない夜間。

よく考えるとnvi-1.81.6にはnvi-m17nのset displayencoding相当の機能がないので
zh_CN.GB18030で表示可能な仮想端末も必要なんだな、げげげげげ。
EUC-CNしか対応してないPuTTYじゃ、4byteコードは????に変換されてしまう。

んじゃxtermつかおとオモタらlocale not supported by Xlibときた。
そいやXFree86 4.5.0じゃzh_CN.GB18030対応してなかったかー。

あと、どうでもいいけどcommon/util2.cがおもいくそCHAR_T(=wchar_t)に
UCS2をつっこんでくれてやがる気がするけど
GTKによるGUI版しか使ってないようなので見なかったことにする。

つづく。

2008/08/27(Wed)

今日

ポゴ効果、対症療法かぁ?部門名通りだと思うのだが。
サターンVでは緩衝装置では制御しきれず、第一段の燃焼時間を短くするとか運用で対処したのだけど
アレスもそうなったらスラドJじゃ失敗作呼ばわりされそだな。

配管の設計変更による根本的(でもないらしいけど)対策が間に合ったのはかなり遅くて14号以降だっけ。
効果が無ければJミッションで月面車使うことは無かったかもしれんけども
要はスパイラルなプロセスモデルなんじゃねの(当時はそんな言葉なかったはずだけど)。
毎回の打ち上げに 目標を明確に定めてるので
その目標に影響の出ない不具合は、TODOにして後回しでおkということだ。
完璧なロケットは完成した、だがミッションには間に合わなかったじゃ意味無いからね。

他にも開発手法ネタでは、NASAは
All-Up Testingでやっとるちゅーとこは興味深いやね。

のであれば時間的にも費用的にもいきなりSystem Testingちまった方がマシという話。

まぁAll-Up Testingだからこそ実機(4号だか)の打ち上げではじめてポゴに気づいたわけですが
今では事前にシミュレーション可能なのですよ、よって50年間の技術の進歩を感じて全米が泣く所だな。
Make Me Wanna Hollerな納税者も負担減ですよInner City Blues、長野県伊那市とは多分関係ないです。

参考文献、開発手法そのものより各部門内部の政治力学の話がメインなのでマニア向けだけど
「仕様変更を巨大システム全体に一貫的かつスムーズに行う」為に導入した構成管理なのよな。
ソースにドキュメントの履歴管理で、はい USO ISO 9001などっかのSIちゅーのは(以下略

そいや軌道計算とかでなしに、サターン自体の設計にはどこまでメインフレーム使ったのだろね。
部品管理に IMS作ったちゅうのは聞いたことあるんだけども、障害管理なんかもこれでやってたんだろか。
Angle of Attackとか読むとそのあたり書いてないかなー。
From The Earth To The Moonの第2話に登場するHarrison Storm氏の本ね、邦訳きぼん。

俺らは最安値で入札された部品の寄せ集めロケットで飛ぶんだ(うろおぼえ)といったのは
アポロ1号の火災事故で死んだGus Grissomだっけか。

目が肥えた消費者ちゅうのは品質とかサービス内容とコストのバランスを見る眼が優れてる
ということであって、10万円品質の商品を100円で買い叩くこうとするのは「やかましい消費者」でいいんじゃね?
ただ被害者の出てるアタックオブキラー餃子の話の流れでこの発言ならアホですが。
ってまーた新聞のコラムかよ!

まぁ結局アポロ計画は全部スタジオ撮影だから(ぉ

PogoといえばSid、OracleでもGetSidIdentifierAuthorityじゃないよ。

というわけで今日もコード書かずにgdgdです、最近こんなんばっかだな。

2008/08/28(Thu)

debugging nvi-1.81.6(24bit wchar_t problem) その3

pkgsrc/meta-pkg/modular-xorg-libとpkgsrc/x11/xtermを入れて
zh_CN.GB18030環境を構築ちゅ。

GB18030の4byteコードを入力可能なinputmethodとか知らんので、結局

ちゅう手順で実験することにしてみた。

どかーん。

Memory fault (core dumped) 
$゜ヒ゜フ゜ヘ゜ホ゜

ハの入力時点で落ちとりますな、なんぞこれ。

(gdb) bt
#0  0xbbbb790d in v_event_get () from /usr/pkg/lib/libvi.so.0
#1  0xbbbc959b in v_txt () from /usr/pkg/lib/libvi.so.0
#2  0xbbbc4311 in v_ii () from /usr/pkg/lib/libvi.so.0
#3  0xbbbced3c in vi () from /usr/pkg/lib/libvi.so.0
#4  0xbbbb9874 in editor () from /usr/pkg/lib/libvi.so.0
(以下略)

うーむ。

関係あるか知らんけど、common/conv.cは、なんかややこしい実装してるよな。
Traditional viのようにコード変換機能は省いちまえばよかったのに。
そうすりゃmbrtowc/wcrtombなんぞ使わずにfgetwc/fputwcでシンプルに書けそうなもんだけど。
まぁでもfileencoing/inputencodingは便利っちゃ便利。

ぶっちゃけfopen(3)を拡張してMSVCよろしく

FILE *fp;
wint_t wc;

setlocale(LC_ALL, "ja_JP.eucJP");
fp = fopen("utf8.txt", "r,ccs=UTF-8");
while ((wc = fgetwc(fp)) != WEOF) {
	...
}

みたいにしちまえばいいのよな。
文字コード指定つきFILEとfmemopen/open_memstreamが標準になれば
mbrtowc/wcrtombやiconvなんぞ直接触らんでいいようになるわけで。

まぁこれってiconvと*BSDならfunopen(3)、glibc2ならfopencookie(3)を使って
同等な処理を実装できそな気もする、移植性ないから今回はやらんけど。

nvi-1.79だと

\x841\x998\x841\x9b9\x841\x999\x841\x9b9\x841\x9a0\x841\x9b9\x841\x9a1\x841\x9b9
\x841\x9a2\x841\x9b9

と正しいbyte列でpaste可能なようだ。

つづく。

今日

げーKodak、EPNのショックも覚めやらぬうちにEPRも年内製造終了という噂。
黄箱信者の俺オワタ、こうなると残るEPPも時間の問題っぽいなぁ。

やっぱしこういう忠実系の発色のフィルムはビカビカな液晶ディスプレイと
ギトギトなインクジェットの色に慣れたいまどきの人には退屈なんだろう。

残るはE100G or EB3だけども、どっちかっつーと後者かなぁ。
それかまじでPKR or KRの個人輸入/海外現像考えんとな。

2008/08/29(Fri)

debugging nvi-1.81.6(24bit wchar_t problem) その4

落ちる場所を特定したよん、common/key.cのv_event_get()のここ!

627	if (istimeout || FL_ISSET(evp->e_flags, CH_NOMAP) ||
628	    !LF_ISSET(EC_MAPCOMMAND | EC_MAPINPUT) ||
629	    evp->e_c < MAX_BIT_SEQ && !bit_test(gp->seqb, evp->e_c))
630		goto nomap;

evp->e_cが負の値(半角カナのハ=0x84319938)なので、bit_test()マクロ内で
seqb[]をarray index out of boundsしてMemory faultしてるもより。
はーんwchar_t=signed int問題かぁ、頭痛たたた。

当初、GB18030 module書いたときにsigned intになんとか収める方法を 考えてはいた*1
んだけど、tech-userlevelだかで 32bit cleanでいこうちゅーことになったのよな。
今更この決定を微妙に後悔している俺ガイル。

libcの内部ならXXXでもuint32_tにcastして処理するのもありなんだが
アプリだとそうもいかないよな、どうすんべ。

とりあえずXXXでここだけuint32_tにキャストしたらpasteはおkのようだ。
だがそもそものテスト目的である検索の為に、ミニバッファにpasteすると落ちるwww

つずく(ママ)。

*1:FreeBSDではmklocale(1)に手を加えずに、0x81398193 -> 0x01398139と
直接runeの値を書いて 逃げた、ずるし。

2008/08/30(Sat)

今日

mtreeに/usr/X11R7なんつーもんが生えよった、ガーソ。
これじゃpkgsrc作り直しになるのなぁ。

そもそも本家でR7にした理由がアレだよな、xorz。
imake -> autoconfでrelease bumpとかahkt。

とかいいながら別件でGNU Autotoolのお勉強チュなんだけどね。
it's the school exam the kids have run away
はじめて10分くらいでめげてきたぞ。

どっちもこれまでgetting away with it all my lifeしてきたが
これも流れよ時代の、と本官は発砲した。

近所のネコにMC ROKKOR-PG 1:1.2 f=58mmをみせびらかそうと外出。
カメラ持ってうろうろしてたら、川沿いで小学生にカワセミ?!カワセミ?!
と騒がれた、君のケータイカメラじゃアブラゼミも無理だお。

カワセミのいるとこ教えろゆーので、1km先の自然公園の池ならいるよーと
教えたら自転車漕いで全力ダッシュしてった。

小学生はカワセミを探しに去ったが、私はアオサギと出会った。
少年には宝石のような青い鳥、オッサンには灰(アオ)の鳥で詐欺るのですね、わかります。
アホ毛の生えたゴイサギなら時々見るんだがアオははじめてだわ、でけー。

なぜか今日に限ってMC TELE ROKKOR-QF 1:3.5 f=200mmなんぞを
運良く持ってたので小雨降り出す中70枚くらい撮った。

2008/08/31(Sun)

今日

SONY α200、外装がとっても貧弱で早くもMENUボタンがツルツルだ。
無駄に高級感出そうと(出てないけど)梨地にせんでもよかったんでねの?
このへんがSONYのデザイン(笑)だなー *1、まぁデジは2年も経てばゴミだしいいけど。

あとAUTOモードで、AF/MFボタンがMFに入ってる状態なのに
電源ONで勝手にAFに戻るちゅー動作はやっぱ変、UIとして異常。
まぁMF使うような人がAUTOモード使うとは思えんけどさぁ *2

あとこれumassとしてNetBSDからmountとかできんのかな?
そのうち試してみよう。

*1:レンズも、今のゴムはスレ目立ってすぐにくたびれた感じになるやね。
*2:まぁこのファインダーの小ささじゃMFは至難の技だけど、俺の視力じゃ無理だw