The Man Who Fell From The Wrong Side Of The Sky:2009年1月21日分

[最新版] [一覧] [前月] [今月] [翌月]

2009/1/21(Wed)

昨日

月命日、酒買って帰った。

ひろいもの、光速で壁紙にしてニヤニヤしてた。

jfbterm for FreeBSDってwsconsでもおkらしいんだけど、mixiのNetBSDコミュじゃ不安定とかいっとったっけか。
自分じゃ入れた事無いのでそのうち試してみる。

某スレのマダーリストにあるuwsconsだけど、kernel layerでi18nどうこうしようとすると
kernel iconvとかwide-character syscallのようなもんが必要になりそうなので
konとかjfbtermのようにuserlandでいいじゃんと思っちゃったりしないでもない。

以前はどうせkernelでもsmbfsとかNTFSなんかでコード変換はどーしても必要だし
kernel iconvは実装しないとダメかなと思ってたんだけど、最近はpuffs/FUSEがあるわけで
こっちもuserlandでいいじゃんとか思ってしまったり、まぁpuffs重いけどね。

FreeBSDのkiconvはportsのlibiconvから変換テーブルをcopyin(9)してくるんだっけ、その発想は無かったわ。

[NetBSD] 続^4? pkgsrc/wip/scim

おばたさんからメール頂きまして、-lpthread付でないscim本体が-lpthread付のmoduleをdlopen(3)すると
いろいろマズイという話をちょうど pkg-usersでしてるとこちゅー情報を頂きました。
ありがとうございます。

これscimを-lpthreadありにする以外ないんじゃないかな。

[NetBSD] tech-userlevel

PRI*ネタ、size_tは%zだろちゅーツッコミが早速入ってるけど、time_tもstruct tmに変換してstrftime(3)だ罠。
その他のやつも移植性考えるなら新しく追加するのはビミョーなので、intmax_tにでもキャストするとか
その他dev_tなんかはこれもtoString()的な文字列へ変換する関数を用意した方がスマートだと思う。
ただ性能的に若干不利ではあるのは確かなんで#ifdef _KERNELでくくってuserlandでは一切許可しないのなら
新しいPRI*追加しようがどうでもいいかんじ、ただし新しいspec追加はお断りだw

[NetBSD] nvi + netbsd-5

nviはいろいろ手が入ったのでもうnetbsd-5とHEADと完全にsyncするので俺のpull-up requestはstallしてたみたい。
ちゅうことでsyncされた模様、cvs logから全部辿ってreleng teamも大変でんな。


[ホームへ] [ページトップへ]