I know I believe in nothing but it is my sweet nothing.:2011年10月09日分

2011/10/09(Sun)

[i18n] CSI-xterm

@まえがき

以前 OpenI18Nで公開されていた、xtermの国際化patchがいまやもうarchive.orgからも取得できなくなっているようですので、私のところでミラーしておきます。

@でもxtermって国際化されているじゃないですか

はい、今のxterm(uxterm)はThomas Dickey氏により国際化されたものがXFree86-4で取り込まれ、初期には多くあった日本語環境における問題も、Debian開発者のkubota氏によって フィードバックされ、日常使用するには問題のないものとなっています。

@じゃぁなぜそれ使わないの?

といわれましても、まーいつもの私の持病としか。

初カキコ…ども… 
俺みたいなCSIでi18nしてる腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは 

今日のtwitterの会話 
あの異体字がかっこいい とか あのAdobe-Japan1と汎用電子はIVS統一してほしい とか 
ま、それが普通ですわな 

かたや俺は電子の砂漠で0x1bからはじまるエスケープシーケンスを見て、呟くんすわ 
codeset independent. 狂ってる?それ、誉め言葉ね。 

なんつってる間に4時っすよ(笑)

真面目な説明はいずれ書きますw

@ダウンロード

  1. Xorg-6.5.1向けのpatch
    /distfiles/openi18n_mirror/xterm-6.5.1-i18n-0.7.patch.gz
  2. Xorg-6.6のxtermに上記patchを適用し、conflictを修正したもの
    /distfiles/openi18n_mirror/xterm-6.6-i18n.tar.gz
  3. とりあえず日本語使うための.Xdefaultsサンプル
    /distfiles/openi18n_mirror/Xdefaults

@使い方

とりあえず使いたいという人は

$ ftp http://www.hi-matic.org/distfiles/openi18n_mirror/xterm-6.6-i18n.tar.gz
$ tar zvf xterm xterm-6.6-i18n.tar.gz
$ cd xterm
$ xmkmf -a
$ make
$ sudo make install

とか *1でどうぞ、既存のxtermとapp-defaultsファイルが上書きされてしまいますが、こんなんわざわざ入れようとする人はUnicode版xtermなんかに未練はないですよね(白目

つうか4.99.xな頃はある程度正常に動いてたけど、今どーだろ。

(追記) xterm/{termcap, terminfo} も入れないとcurses/terminfo/termcapつかうアプリの表示がぐちゃぐちゃになります。

NetBSD-currentの人はterminfo化されているので

$ cat terminfo >>~/.terminfo
$ cd
$ tic .terminfo

この時NetBSD-currentだとmeml(memory lock), memu(memory unlock)ねーよと怒られますが、これ標準にはないHPの拡張なので無視してOK

NetBSD-5以前の人は~/.termcapに追記して下さい(ticはこれterminfoのコマンドなので不要)。

@スクショ

*1:なんでwgetとかじゃなくてftp(1)でファイル取ってこれるのかって?可能なのさ、そうNetBSDならね(ドヤ