I know I believe in nothing but it is my sweet nothing.:2020年12月06日分

2020/12/06(Sun)

[音楽][ハードウェア] E-MU 1820/0404/1616m がWindows10 19H1(1903)以降で動作しない

表題の件のせいでDTM環境にしてるマシンは1809のままにしとったんだけど、先月EOLを迎えてしまったので対策を考えんとならんのだ。 まぁWindows 8.1に戻して2023年まで延命できればワイの寿命の方が先だろうからいいんだけど、手元には1台分しかライセンス無くてな…

ちなみにE-MU製品でドライバの非互換性にぶち当たるのは前世紀以来( 過去記事参照)で一度ならずと二度もかよクソがE-MU滅びろという気分なのだが、とっくの昔にE-MUなぞ滅んでヘッドホンのブランドとして名前が残ってるだけなのである。

そもそもWindows 7正式対応の前にEOLになってしまった製品でいまさら対策済ドライバがご用意されるはずもないのだけど、新しい機材を買う予算もオペレーション覚える若さも無いのでしゃーない。

いちおうこれにはKVR Audioのフォーラムに 対策が投稿されている。要するに同じEMU10K1チップを採用したSound Blaster X-Fi Titaniumの対策済ドライバから一部のファイルを貰ってきて置き換える方法。 ちなみに単純にドライバの互換性を無視してX-Fi Titaniumのドライバを強制インストールする方法だと不足する機能があるようでダメ。

これ法的な問題つまりソフトウェア使用許諾(EULA)に違反しないか気になるところだけれど、改めてEULAを読んでみたところ

とあるのでE-MUもクリエイティブの製品ファミリだから問題ないなヨシ!

ただ中身を読んでみると置換対象のファイルが数十個にも及んでて元々存在しないファイルまでインストールするので、正直ここまでする必要あるのかちょっとよくわからんのだ。 うちの環境で試した限りだとctoss2k.sysというカーネルドライバだけ置換すりゃ音出るし、PatchMixという専用ミキサーアプリケーションも動作するっぽいのよな。 まぁすべての機能を試したわけではないので追試せなアカンのだが、そもそも久しく音楽制作なんかやっとらんのでサウンドカード代わりに音さえ出れば困らないのでな…

そんでこの対症療法のなによりの問題は、PowerShellスクリプトでSystem32以下にあるドライバを置き換えてるだけなので、DriverStoreはそのままだから何らかの事情(大型アップデートやシステムの修復あるいは再コンフィギュレーション)によってドライバの再インストールが発生するとせっかく置き換えたファイルが元に戻ってしまうのよね。 ということであまりお勧めできる方法ではないんだな。

まぁこれは頑張ってinfファイルを書き直せばいいんだが禁止事項にあるソフトウェアの改変に抵触しそうなのが微妙である、そもそもinfはソフトウェアに該当しない説もあるしinfを完全にスクラッチから書けばEULAもクソも無い気がしないでもないけどね。

そんなわけで、うちではこの対症療法をそのまま使わず

という方針で様子見すっかね。

セキュリティカタログについてはこれどう考えてもソフトウェアではないのでオレオレ署名で再作成してもEULAに抵触しようはずもない。 そもそも 以前も書いたけどセキュリティカタログ無くてもDism /Add-DriverあるいはPowerShellのAdd-WindowsDriverコマンドレット使えばSmartScreenにドライバインストールがブロックされることはないしな。