I know I believe in nothing but it is my sweet nothing.:2022年03月分

2022/03/01(Tue)

[小説] J.G.Ballard/War Fever

かつて日本だと福武書店からでてたJ.G.バラードの短編集「 ウォー・フィーバー」の中に「第三次世界大戦秘史」というお話があるんだけど、いつの間に実写化したのこれ(現実逃避)。

読んだことない人のためにあらすじ、時は1995年のアメリカ、大統領二期を務め引退していたレーガン元大統領は、認知症の療養中だったにも関わらず後任大統領の度重なる失政によって憲法修正までしての三期目に担ぎ上げられ、ついにソ連のこちらも認知症のゴルバチョフ書記長と第三次世界大戦をおっぱじめるが、周囲の暖かい介護によってアラスカとシベリアの無人地帯にそれぞれ2~3発づつ核ミサイルを打ち込んでたったの4分で終了、国民は誰も気づくことは無かったというドタバタ喜劇。

しかしこの実写化、脚本家が原作を改悪し過ぎてこのままじゃ落としどころが核2~3発ですまなそうなんですが大丈夫なんですかね(白目)。

ちなみにこの作品、米ソ冷戦がメインテーマではあるけど、生命維持装置でスパゲッティ状態のレーガン大統領のバイタルは逐一テレビで報道され国民はそれにばかり気をとられ裏で戦争が起きてる事に誰も気づかないのという描写からして、この作品が書かれた1988年当時にガンで闘病中だった昭和天皇がモチーフの作品なのよね。

かつて「朕茲ニ戦ヲ宣ス」によって上海租界で生まれた作者は幼少期を大日本帝国軍の捕虜収容所で暮らすことになったけど(後にその体験から「 太陽の帝国」を書く)、「昭和天皇がもし病床で精神錯乱をおこしたら再び世界に対して宣戦布告をするのではないか?」というバラード少年の心に植え付けられた恐怖と帝国主義への憎悪が裏のメインテーマ。

そして表題作である「ウォー・フィーバー(=戦争熱病)」では「停戦を願う気持ちにもかかわらず(中略)憎悪のために戦争が続いてる」と戦争が無くならない理由、そして「全人類はずうっといることになってるんだ」と憎悪を断ち切ることは不可能と看破してる。 まぁミレニアム単位で憎悪が絡みあってるこの世界は以下略、今回の実写化でもチェコとポーランドのロシア非難声明にきっちりドイツへの皮肉が入ってて笑ってしまった、しかもなんか80年前の記憶というより現在進行形でのドイツ憎悪が入ってる感じだよなあれ。

バラードがまだ生きてたらこの憎悪ってやつを倍々に増幅させていく寒天培地ことSNSとか動画配信というインターネッツの癌細胞ネタに、ウッキウキで新・テクノロジー三部作くらい書いてくれていただろうなぁ、惜しい才能を亡くしてしまった。

2022/03/02(Wed)

[特に読む必要のない話] 冷戦時代の~真ん中で~

Cut Russia from Github due to massive invasion of Ukraine #12042だと、うんまぁこういう要求が出てくるとは思ってた。

こんなんインターネットを物理的に切断しない限りイクラでもオクラでも回避可能だしパフォーマンス以上のものでしかないわけで、GitHubもそらNAKするさね。

ただ過去の冷戦時代には ココム(対共産圏輸出統制)によってハード・ソフト共に輸出が禁止されてた時代もあるので、正義マンでなく国家が要求してきたらどうするかよね。 少なくとも暗号関連に関してはさすがに鍵長40bit制限みたいなのは撤廃されたけど、それでもまだ輸出許可義務とかの規制は残ってるわけで。

ロシアからgit checkoutするとソースコードをプリンタで印刷し製本した上で大使館員の手荷物で送られるってジョークRFCを今年の4/1に誰か書いて。 若い人には何のことかわからねーと思うが、かつてアメリカ国外への輸出が制限されてたRSA暗号を海外に持ち出すために、書籍の体裁をとっていれば国は言論・出版の自由で検閲できないことを利用するチートでやった人がいたのだ。

そいやNのcore developerであるuwe@って冷戦時代の鉄のカーテンの向こう側で2.9BSDクローンの DEMOS(ДЕМОС)の開発やってたという経歴の持ち主で、東西分断を知ってる世代なんだよね…今どんな気持ちなんだろう。

ウクライナのN developerだとGPT周りの作業やってたmishka@がいるな、言葉が見つからないわ。

あとソ連のスパコンの父 Boris Babayanも今やIntelのフェローだったりしてロシアのR&Dにはインターン含めて2000人くらいいるとか。

もしかするとそのうち オペレーションペーパークリップがはじまるのかもしれない(適当)、まぁ2014クリミア危機の経済制裁でもうとっくに国外に出稼ぎに行ってる気がしないでもないが。

すでにシン・ココムみたいな話がちらほらでてるけど、かつて東側は西側に劣らぬ頭脳はあれど計画経済の非効率さで生産能力がダメダメだったから通用したけど、今や西側も中国丸投げだからセルフ経済制裁にしかならん気はするな。 まぁでも愚かにも第三次世界大戦はもうはじまってしまったのだから仕方ない、それが世界の選択かラ・ヨダソウ・スティアーナ。

今の時代だと転売ヤーがアマゾンマケプレで気軽にシン・ココム違反してFBIに後ろ手錠をはめられるな、 T芝のように!いや後ろ手錠は H立M菱の方だったかな?

(追記) そうかGitHubへのロシアからのアクセスを禁止するのではなくライセンスに GGPLを採用すればいいのだな(しろめ)

2022/03/16(Wed)

[どうでも(ry] どうでも(ry

そろそろ

Q = Z

予想の証明ができそうですかね。

やっつけ改変。

ロシア文化の源流、キエフで迎えた侵攻戦
先発スぺツナズが大量失点、縦深攻撃も勢いを見せず惨敗だった
ドネツク・ルガンスクに響く親ロシア派のため息、どこからか聞こえる「今年も100年振りのロシア革命だな」の声
無言で投降し始める兵士達の中、ロシアの大統領プーチンは独りウラル山脈のシェルターで泣いていた。
WWIIで手にした領土、喜び、感動、そして何より信頼できる同盟国・・・
それを今のロシアで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」プーチンは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、プーチンははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいシェルターの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、電話でマクロン君に歴史講義をしなくちゃな」プーチンは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、プーチンはふと気付いた

「あれ・・・?親ロシア派がいる・・・?」
シェルターから飛び出したプーチンが目にしたのは、アラスカまで埋めつくさんばかりのスラヴ人だった
千切れそうなほどにZ旗が振られ、地鳴りのようにロシア国歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするプーチンの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「ウラジミール、G8サミットだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったプーチンは目を疑った
「ブ・・・ブッシュ大統領?」 「なんだボーバ、居眠りでもしてたのか?」
「シュ・・・シュレーダーガスプロム社取締役?」 「なんだプーチン、かってにシュレーダー首相を引退させやがって」
「小泉首相・・・」 プーチンは半分パニックになりながら出席者リストを見上げた
1番:小泉 2番:ブレア 3番:シラク 4番:ブッシュ 5番:シュレーダー 6番:プーチン 7番:ベルルスコーニ 8番:ジャスティン・ビーバー
暫時、唖然としていたプーチンだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
メジンスキーから核ブリーフケースを受け取り、グランドゼロへ全力疾走するプーチン、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、シェルターで冷たくなっているプーチンが発見され、ショイグとゲラシモフはハーグで静かに息を引き取った

そいや日本の報道でロシアの石原莞爾ポジのメジンスキーに触れてるの筑波大の中村教授だけで、それ以外のロシア研究家やら軍事ライターは言及ゼロなのはちょっと面白い。

ポーランドにチェコそしてスロバキアがNATOに覚悟決めろや!状態なんだけど、エネルギー政策でロシアに強く依存しクリミア危機ではロシアに同調し今回も制裁にも及び腰なドイツなら、いつもの発作でロシアと不可侵条約結んでエーデルワーイス歌いながらポーランド分割しちゃうんじゃねえのと思ってしまう、そのための軍事費大幅アップだったりして。 また負けたの一行でいいはずの歴史書が厚くなるな…

殺生石割れる、そうだねダクトテープだね(ニッコリ)。

ダクトテープより強力なFLEXTAPE(R)、真っ二つに切断したモーターボートを接着し水上を爆走するおバカCMは定期的に観たくなるのだが、こいつで殺生石くっつければ戦乱は収まるのではないか…

2022/03/23(Wed)

[小説] Philip K. Dick/Confessions Of A Crap Artist(戦争が終り、世界の終りが始まった) その2だか3だか

防弾ジャケットの次に大都会岡山から吉備団子を輸送するんですかね、それとも犬猿雉って独仏伊そして吉備団子はLNG輸入枠融通でNATOのケツ叩けの隠語?

それにしても右や左の旦那様はどちらも自分らの主張に都合のいいear candyだけ求めてゼレンスキー演説待機してるところがおぞまじいというかなんつーか、それもう陰謀論にはまっとる症状やで。

とりわけ真珠湾発言に反発して突然に(でもねえな)親ロシアに化けた右の旦那様、これは発達が足らんかったり認知が衰えてくると自他境界が曖昧になるので、満州事変以降のどうしようもねえ大日本帝国の所業を指摘されると謎の共感性羞恥を発露し、日本国が攻撃されたと被害妄想の発作を起こす症例なのだ。 ルース・ベネディクトの恥の文化やマッカーサーの日本人は12歳の少年ってのはだいたいこの連中に対する指摘だったんだよな。

メジンスキーは考えました、「共産主義による世界同時革命」に敗北したのなら「反知性主義による世界同時革命」に美味しくなってリニューアルすればいいじゃない、右も左もどちらも平等に馬鹿だから。 スローガンは「万国の陰謀論者よ、連帯せよ!」でどうや!

とにかく陰謀論者がなぜ生まれるのかは、前にも書いた気がするけどP.K.ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった(ジャック・イジドアの告白)」を読むといい。

ぼくの頭脳は混沌としていた。ぼくの知った情報はつまらぬガセネタで、ナンセンスもいいところだったのだ。
ぼくがこれまで学んだところの「事実」はまさに、いんちきだったのだ。
ぼくはなんたる間抜けな気違いなのだ。
何ということだ。これで過去の歳月は空しく費やされた、ということになる。
事実、この世は気違いどもでいっぱいだ。それだけでもうお手上げだ。

2022/03/27(Sun)

[大洋ホエールズ] 三浦大輔監督とともに苦難を乗り越えてゆくスレ2022

実家のような開幕三連戦であった。

      _______ 
     /         \ 
   /      81  __ノ 
 / /\/\___ノ\ 
 | /    \ , , /  \ 
  |:::::::: (●)    (●) | 
  |::::::::   \___/   |
  ヽ:::::::::::::::  \/    ノ
「明日は負けないヨ・ロ・シ・ク!!」

   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
「試合ねぇだろ…」
本拠地、横浜スタジアムで迎えた開幕戦
先発東が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声
無言で帰り始める選手達の中、昨年の新人特別賞牧は独りベンチで泣いていた
「どうすりゃいいんだ・・・」牧は悔し涙を流し続けた。

それでも開幕三連敗って大矢監督が休養で田代コーチが監督代行になった年以来なのね、去年も開幕140連敗くらいしてた感覚だったんだけど。