The Man Who Fell From The Wrong Side Of The Sky:2019年5月18日分

2019/5/18(Sat)

[Windows] Twentieth Century Fox

20世紀から21世紀にかけてインターネットの出現によって人類は進歩したかというと、ここ最近はUnicode絵文字によるコミュニケーションで人は文章作成・読解力を失い、広告収入めあてに文字なら数行読めば3秒で理解できる記事をわざわざ数分の動画にして小遣い稼ぐ輩どもを地に栄えさせ、それを検索エンジンが結果上位に押し上げるのだから、口頭伝承の原始時代に戻っただけなのでは感がある。 なお冗談っぽく書いているがわりとマジに絶望していて、自分が神だったら楽園から追放したり洪水を起こしたり塔を崩し言葉を乱すプログラム書いてると思う。

なぜ人心がここまで乱れたか、それはブラウザが右肩で地球儀をぐるぐる回転させるのを止めてしまったからだ、このインターネットが世界と繋がっている事をこのgifアニメーションを消したことで人々は忘れてしまったのだな。

なんでそんな事を考えたかというと、ちょいとSCSIカードの動作確認に10年ぶりにWindows 2000インストールし、IE6.0SP1の右肩でぐるぐる回る地球に感動したのだ。 おそらくガガーリンがはじめて宇宙から地球をみたとき、アポロ8号のクルーが月周回軌道ではじめて地球の出に遭遇した時、同じような畏敬の念を抱いたに違いない。

地球は青かった。

それにしても月だけにLunaとかAeroとかMetroといかにこの10年いかにグラフィカルユーザーインタフェースがクソデザイナーのオナニーで劣化してきたか気づかされますね。 ユーザーインタフェースはどうあるべきか自分には文才がないので「粉末 Motif」で検索することで出会える稀代の奇跡の名文をぜひ一度読んでいただきたい、「GUIの価値は"プッシュボタン"で決まる」「ボタンの押し心地」正しくこれなのである。 何が悲しゅうてフラットデザインでAthena Widgetのような石器時代にまで退化せにゃあかんのだアホか。

話を戻して、どうせ隔離環境でちょっと動かすだけだからする必要は無いんだけど興味本位でWindows Updateで最新の状態にまで更新してみた。

とすればWindows Updateで100個くらいパッチ振ってきて労せずに延長サポート時点での「最新」状態はなるもよう。

ただし延長サポート終了時点で提供されてたはずのパッチが重要なのも含めていくつか消えてるっぽいな、理由はわからん。

こいつらVML除いてwww.catalog.update.microsoft.comにも無いのいだけど、わざわざどっか落ちてるの探して適用しようが脆弱でネット繋げないから無意味だし忘れていいけどな。

あと追加の機能もこのへん消えてるっぽいな、いくつかはインストーラーは落とせるし手動で追加すれば更新パッチWindows Updateで降ってくる。

まぁこっちもどうでもいいやなこれ。

テレホマンの時代は終わり地にADSLが満ちブロードバンドの時代が訪れた後も当時諸事情によりドコモのP-inしか回線無い時期が長かった、@FreeDで定額制になる前に事故により料金7万円とかパケ死したトラウマが掘り起こされる。 つーかその後もWilcom AirH"しか回線無い時期もけっこう長かったのだ…あんなんでよくcvs checkoutとかcvsupとかrsyncとかやっとったと今更ながら思う。