The Man Who Fell From The Wrong Side Of Sky:2019年9月13日分

2019/9/13(Fri)

[写真] SONY製ミラーレスカメラからPlayMemories Camera Appsのサイトにログインできないのは2段階認証のせい

ちょっと前までのSONYのミラーレスカメラと一部のコンデジには PlayMemories Camera Appsというアップデートソフトを有償購入し、カメラに新機能を追加することができた。

なぜ「できた」と過去形かというと、よっぽど売れなかったのか最新機種(α7IIIおよびα6600以降)ではこの機能消されとるんだよね、短い命であった南無南無。

つーかワイも所有のNEX-5R用にいくつかアプリ買ったんだけど、アプリストアの出来が酷いのですわ。 「カメラの中身はLinux + ARMやしフルブラウザとIME(たぶんNetFront + POBox)搭載しときゃ何とでもできるやろ!」というクッソ安易なコンセプトで実装されとって非常に使いづらい。 コンパクトにこだわったボディの小さな背面液晶にほぼPC用サイトそのままのページを表示しやがるので、メインユーザー層たるオッサンジーサンの老眼じゃ字読めねえわ、スタイラスペンも無しでこのサイズのタッチパネルのキーボード操作なんぞ無理よ無理無理かたつ無理なのである。 そして搭載されてるCPUがしょせんカメラ用の非力なものなので、タップからワンテンポ遅れる文字入力の動作がもっさりで死ぬ、そりゃ流行りませんわこれ。

更に酷い事にこのPlayMemories Camera Appsのストアサイト、PSN Accountで2段階認証もといSMSによる複数要素認証を有効にしてるとログインできねえのですわ。

はい、エラーメッセージもなにも表示されんのでまず普通の人は原因は判らんしカメラ本体の故障かと思いますわね。そりゃ誰も使わねぇよこんなん。

ちなみにPCからログインした場合でも

という問題が発生する、よってPC経由のインストールすらままならない状態なのですわ。

これ「アプリ売れねーな!じゃあ機能廃止!」という以前に、もしかして実は誰もストアにログインしてアプリを買えない状態だったのでは…? あるいは世間一般において複数要素認証の認知度ってのはゼロに等しくて誰も使っておらず問題にならなかったのか(なんとかPayのように!なんとかPayのように!)

まぁ2段階認証をきちんと設定するようなセキュリティ意識の高い人であれば、これPSN Accountが仕様変更で2段階認証に対応した時か My SONY IDとの認証共通化の際に、このストアで正しく動作するかテストせずにリリースされ放置されっぱなしの結果まともに動かないのでは…?ということに気づくわけです。

んじゃあどうやってログインするか、スマホなんかだと2段階認証に対応しとらん古いOSであれば、アプリパスワードを発行して対応することもできる。 そんでPSN Accountにおいても2段階認証の設定項目に「機器設定パスワード」というのがあって生成できるんだけど、これ入力してもカメラからだとログインできないのだ。 但し書きにゲーム機とスマホって書いてあるからUser Agentかなにかで蹴ってるんだろう。

つーことでどうしてもカメラにアプリをインストールしたいのであれば「一時的に2段階認証を切る」というクソ運用が必要になるわけですバーカバーカ。

ワイが中古のNEX-5R買ってアプリ入れたの1~2年くらい前でその当時からすでにこの問題あったんだけど、いっこうに直る気配も障害情報も上がってこないとこを見ると「何年経ってもSONYのソフトウェア軽視という病は直らねえ」ってこった、いい加減にしろ莫迦。 暇な人はメール報告でもしてあげてください、ワイはめんどくさいしもう買うことも無いからね…

余談、この手の拡張機能を別売りするというコンセプトはもう30年以上前の発売になる Minolta α-7700iの時代から存在していて、「 インテリジェントカード」というICカードはけっこうな数が売れたんだよなぁ、やはりMinoltaは時代を先取りし過ぎていたのだ。

他社からもAndroid搭載して追加アプリケーションをストアから購入できる機種がでていたりもするけど、あまり流行る気配は無さそうね。 まぁ携帯音楽プレーヤーにAndroid搭載もあまり流行らんし、これはもうカメラというセグメントがスマホに完全に喰われてしまった結果やろうね。 あのボトムズのスコープドッグみたいなiPhone 11といいスマホカメラも迷走しまくってる感があるけど。